忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

ピルの基礎知識
正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ピルで生理をずらしたり、飛ばしたりして問題ないのか?

「排卵や生理の回数が増えると、卵巣や子宮に大きな負担が」

ピルのメリットのひとつに、大切なイベントなどのときには、生理をずらしたりとばしたりして、コントロールできるということがあります。これは、重い生理痛などがある月経困難症や、生理前になると心身にさまざまな症状が現れるPMSなどに悩まされている人にとって、非常にうれしいことです。

部活の試合や就職試験、結婚式やハネムーンなどの大事なイベントから、月末恒例の社内会議や出張、夏休みなどの海外旅行、遠距離恋愛中の恋人とのデートまで、ピルで生理周期を自由にコントロールすることで実力を十分に発揮できたり、思いきり楽しんだりしています。

このようなことを書くと、「自然の生理現象である生理を薬物でコントロールしてしまうなんて、身体によくないのでは?」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、自然が一番怖いのです。人間も所詮は動物なので、次の命のために自分自身が毎月犠牲になっているのです。しかも、長い人間の歴史を考えると、現代に生きる女性は非常に不自然なライフサイクルを送っているともいえます。

たとえば、昔の女性の一生を考えてみましょう。避妊も行なわず、一生の間に妊娠と出産を何度も繰り返して、閉経を迎えていました。妊娠や授乳の周期は排卵や生理が起きないので、原始時代の女性の一生涯の排卵や生理はわずかに約50回です。一方、現代の女性は初潮を迎えるのが早く、出産する子どもの人数が減り、閉経年齢も上がっています。このため、一生涯の生理(及び排卵)は約450回。実に、9倍にも増えているのです。

「ピルを連続3シート飲んで卵巣や子宮を休ませる」

排卵や生理を繰り返すたびに、卵巣や子宮には大きな負担がかかっています。現代女性に子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなどが増えているのは、こうしたライフサイクルの変化が原因だといわれているのです。

ピルを服用すると、卵巣は休眠状態になり、子宮内膜は薄くなって生理は軽くなります。休薬期間やプラセボ(偽薬)を飲む期間を設けずに実薬を3シートまで飲み続けることで、その間、生理をとばすこともできます。卵巣や子宮を休ませることは婦人科疾患の改善や予防にもつながり、将来の妊娠力を高めることもなるので、心配は不要です。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

ピルの服用による体重増加や不妊に科学的根拠なし!

「ピルを飲んだからといって、がんになったり、不妊になったりしないから大丈夫!」

「ピルを飲むと太る」の誤解ですが、ピルが直接的な原因となって体重が増加することはほとんどありません。生理前のPMAで食欲が異常に増して太ってしまうという人などはかえって、ピル服用後は食欲が正常に戻って痩せた、ということもありあす。

最後に、「ピルを飲むと不妊になる」という誤解も解いておきましょう。服用期間の長さに関係なく、ピルと不妊には因果関係が認められていません。服用終了後3周期目で95,2%が基礎体温にもどっています。これは、ほぼ排卵が回復し、妊娠可能な状態になっているということです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルの誤解 「がんになる」

「ピル服用者の乳がんリスクは下がっているという調査結果も」

ピルの服用者に対する誤解のうち、代表的なものを挙げると「がんになる」「太る」「不妊になる」の3つではないでしょうか。まだピルを飲んでいないみなさんも多分、この点が一番気になっていると思います。ここでは、これらの誤解についてきちんと解いておきましょう。

まず、「ピルを飲むとがんになりやすい」といわれているがんは乳がんですが、これは、ピルに含まれている女性ホルモン、エストロゲンと深い関係があります。かつて、ピルを服用している女性が乳がんになる確率は、服用したことがない女性に比べて、やや高くなるとの調査報告がありましたが、最近の調査では乳がんの発症率はピル服用の有無で差がないといわれています。むしろ、ピルの服用者と非服用者それぞれ2万人を約40年間追跡した大型調査の結果によると、ピル服用者の乳がんのリスクは下がっているます。

ちなみに婦人科がん各種のうち、子宮頸がんのリスクだけがわずかに上がっていますが、これはピルそのものの影響というより、ピルを飲むとコンドームを使わなくなるため、子宮頸がんの主な原因である病原体、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染率が上がるからです。

一方、ピルに含まれるプロゲストーゲンには、卵巣がんや子宮体がんなどを抑える働きがあります。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルの副作用 吐き気、頭痛、胸の張り

「ピルの副作用である吐き気や頭痛、胸の張りなどは3ヶ月以内にほとんどおさまる」

確かに、ピルは薬ですから副作用はありあすが、必要以上に強調されてきたため、むやみに「怖い」と思い込んでいる人も多く、「がんになる」「太る」「不妊になる」といった誤解もよく耳にします。ピルが誕生した1960年頃はホルモンの量が多かったために副作用の発現率も高かったのですが、最近のピルはホルモン量が少ないので、副作用の発現率もきわめて低く、太ったり、不妊になったりする心配はありません。がんについてはむしろ、ピルを飲むことで卵巣がんや子宮体がんのリスクは減ることがわかっています。

ピルの副作用のほとんどは、吐き気、乳房が張る、頭痛などの軽い症状で、一般に「マイナートラブル」と呼ばれるものです。個人差があり、だるさやむくみなどが現れる場合もあります。しかし、下のグラフからもわかるように、こられの症状はホルモン環境の変化によって起こる一時的なもので、ピルを飲み始めて3ヶ月以内に大部分がおさまります。

マイナートラブル以外には、血液が固まりやすくなって血管が詰まる血栓症や心筋梗塞、脳卒中を発症するリスクが少し高くなることが指摘されています。特に、35歳以上で1日15本以上の喫煙者は注意が必要です。

いずれにしても、ピルの副作用について大切なことは、むやみに怖がるのではなく、どのような副作用があるかを正しく知ることです。そのうえで、副作用が現れた場合は、医師に相談して、違う種類のピルに替えるなどの対策を考えましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルの気になる副作用は?

「飲む前は不安だった人も飲み続けるうちに解消する」

ピルをすすめると、最初の反応でもっとも多いのが「副作用が心配」というものです。実際、ある調査(OC情報センター「服用者を対象としてOC(低用量ピル)に関する意識調査2009年度」)の結果でも、ピルを飲みはじめる前に不安なこととして「副作用」を挙げた人は63.9%います。

しかし、同じ調査で、ピルを飲んでいる人に服用後の不満について尋ねた質問では「副作用」と答えた人は12.5%と大幅に減少しています。さらに、96.7%の人がピルを飲むことに満足していて、94.8%の人が「今後もピルを飲み続けようと思う」と答えているのです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルには避妊効果以外にどんなメリットがあるのか?

「生理周期が整い、生理が軽くなるほか、好きなときに生理を起こせる」

ピルを飲むことで生理の周期(サイクル)が整います。生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの周期は一般に25~38日間くらいですが、ピルはこの生理周期を規則正しくします。自分でコントロールできるので、毎月のスケジュールを立てやすくなるほか、大切な予定と重ならないよう生理をずらしたり、とばしたりすることもできるのです。

ピルを飲むと、それまで生理の量が多かったり、生理痛などの月経困難症でつらい思いをしてきた人は、改善されます。ピルを飲むようになってから起こった生活の変化については「月経の周期が安定し、仕事、旅行などスケジュールを組みやすくなった」が56.4%ともっとも多く、「月経痛が軽くなり、仕事など生活が楽になった」51.2%、「月経量が少なくなり、仕事など生活が楽になった」44.3%と続きます。

女性にとって、毎月一度必ずめぐってきて、閉経までずっと続く生理は何かとわずらわしく感じるもの。ピルユーザーは生理にまつわる負担からずいぶん解放されるわけです。

高い避妊効果と生理に関するメリット以外にも、さまざまな副効用があることが知られています。子宮内膜症や貧血、卵巣のう腫などの改善や骨粗しょう症や脳動脈瘤の予防、卵巣がんや子宮体がんの予防やにきび改善などの美肌効果もございます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルの避妊効果はどれくらいなのか?

「高い避妊効果が期待でき、女性の意思で避妊ができます」

ピルを飲むことのメリットは、何と言っても避妊効果が高いことと、女性の意思で避妊ができることです。

各種避妊法使用開始1年間の失敗率(妊娠率)を比較した米国の調査では、選んだ避妊法を正しく続けて使用しているにもかかわらず妊娠してしまった人は、「殺精子剤のみ」18%、「コンドーム」2%、「ペッサリー」6%、「リズム法(オギノ式など)」1~9%などに対して、「ピル」0.3%。しかも、これは日本で承認されていないミニピル(黄体ホルモン単独のピル)を含めた数値で、失敗した人の多くは飲み忘れによるものでした。一般的に、ピルは正しく服用すれば、99.9%の避妊効果が期待できるとされています。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルを飲めばどうして避妊できるの?

「脳がホルモン分泌をストップさせ排卵を起こさなくする」

毎日、だいたい同じ時間にピルを飲めば、99.9%という非常に高い避妊効果が得られます。ピルは現在、日本国内で行なえる避妊法の中でもっとも確実で安全性の高い方法だといえるでしょう。

どうして、ピルを飲むことで避妊ができるのでしょうか。ここでは、そのメカニズムについてわかりやすく説明します。

妊娠とは、卵巣から排卵が起こり、卵子が子宮内で精子と出会って(受精)受精卵になり、子宮内膜に着床することで成立します。妊娠中に、繰り返し妊娠することがないのは、妊娠中は排卵が起こらないから。この原理を利用して開発されたのがピルです。

排卵は、脳の視床下部や下垂体、卵巣などが相互に影響し合って分泌される各種ホルモンによってコントロールされています。

ピルを飲むと、ピルに含まれている2種類の女性ホルモン(プロゲストーゲンとエストロゲン)が血液中を循環します。脳の視床下部と下垂体がそれを感知すると、すでに血液中に十分な濃度の女性ホルモンがあると錯覚し、あたかも妊娠したかのように思い込んでしまいます。卵巣を刺激して排卵を促す必要はないと判断し、排卵が起こらなくなるのです。

これが、ピルを飲むと妊娠しない一番大きなメカニズムです。

さらに、ピルは子宮にも作用します。子宮そのものはホルモンを出しませんが、卵巣から出る女性ホルモンの働きで、子宮内膜は妊娠した場合に備えて少しずつ厚くなっていきます。

「受精卵が着床するのを防ぎ、精子の子宮内侵入もガード」

ところが、ピルを飲むと、脳は卵巣ホルモンが十分出ていると錯覚するため、卵巣ホルモンが分泌されなくなり、その結果、子宮内膜は厚くなりません。つまり、万一排卵が起きてしまった場合でも、受精卵が着床しにくい状態になるのです。これが、妊娠を妨げる2番目のメカニズムです。

そして、最後は子宮頸管(子宮の入り口)での作用です。ピルに含まれるプロゲストーゲンには、子宮頸管からでる粘液の粘性を高め、精子が子宮内に入りにくくする働きがあります。①排卵を抑える。②受精卵を着床しにくくする。③子宮内への精子の侵入を防ぐ。以上3つのメカニズムで、ピルの避妊効果はより確実なものになるのです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

日本のピルの普及率は世界から遅れている

「アメリカに遅れること40年。日本では1999年に承認・発売」

ピルが日本で承認・発売されたのは、世界の先進国の中ではもっとも遅く、アメリカに遅れること約40年後の1999年のこと。男性の勃起不全治療薬「バイアグラ」がたった半年後という早さで承認されたことを思うと、ピルの承認には異常なほど長い時間がかかりました。

これは、日本の社会や文化における性やセックス、あるいは子どもを「産む、産まない」という自己決定権に対する意識などとも無関係ではないでしょう。ピルを承認、発売することで性のモラルが乱れるのではないかと、ピルがコンドームに代わることでエイズの蔓延を招きかねないのではないかなどと危惧されたという背景もあります。

日本ではもともと、高用量や中用量のピルは、生理不順などの治療薬として使われてきました。避妊に関しては長年、コンドームが主流で、男性主導の形で行なわれてきましたが、ピルが発売されたことで、女性主導の避妊を行なえる環境が整ったのです。

日本にピルが登場してから10年以上が経ち、ピルを飲む女性は増加を続けています。しかし、世界の普及率に比べるとまだ非常に低く、ヨーロッパやアメリカのみならず、韓国や中国などのアジアの国よりも低いのが現状です。

●主要国の既婚者におけるピル普及率
ドイツ(1992)52.6%
オランダ(1993)49.0%
フランス(2000)43.8%
オーストラリア(1995)26.7%
イギリス(2005/06)26.0%
アメリカ(2002)18.3%
カナダ(1995)14.4%
北朝鮮(2002)3.7%
韓国(1997)1.8%
中国(2004)1.5%
日本(2004)1.1%
※( )内は調査年


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ピルってどんな薬?

「2種類の女性ホルモンを化学的に合成した経口避妊薬」

「ピルとは、女性が飲む避妊薬(経口避妊薬)のこと、1960年にアメリカで初めて承認されてから急速に世界に広がり、今では世界中で1億人以上の女性が利用しているといわれています。

ピルは、女性の卵巣から分泌される2種類の女性ホルモン(黄体ホルモンの「プロゲステロン」と卵胞ホルモンの「エストロゲン」)を化学的に合成して作られています。含有されているホルモンの量によって、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルに分かれます。

ピルの基本の飲み方は、21日間は連続して女性ホルモンが含まれた実薬を飲み、その後7日間はピルを飲むのを休む(休薬)か、女性ホルモンが含まれていないプラセボ(偽薬)を飲むかします。この合計28日間のサイクルを「1周期」とするのです。休薬中かプラセボを飲んでいる2~3日目から、生理に似た出血(消退出血)が起こります。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

低用量ピルの種類

「有効成分の配分量や服用方法によって分類」

日本国内で発売されているピルは、有効成分の配分量や服用法によって分類されます。

21日間飲む実薬にプロゲストーゲン(合成したプロゲステロン)とエストロゲンが一定比率で入っているものを「一相生ピル」といい、生理周期による女性ホルモンの変化に合わせて量や配合比を変化させたものを「段階型ピル」といいます。段階型ピルのうち、配合比が3段階に変わるものが「三相性ピル」です。一相性ピルはすべての錠剤に含まれるホルモン量が同じなので飲み間違いが少なくなりますが、三相性ピルの場合は決められた順序で飲まなければなりません。飲む順番を間違えると不正出血が起こったり、避妊効果が低下することがあります。

また、プロゲストーゲンにも改良が加えられ、開発された順に「第一世代ピル」「第二世代ピル」「第三世代ピル」と呼ばれます。

ピルは、服用方法によっても2種類に分かれます。1シートの21錠すべてが有効成分の入った実薬になっているものは「21錠タイプ」と呼ばれ、有効成分が入った実薬21錠と有効成分が入っていないプラセボ(偽薬)7錠が1シートになっているものは「28錠タイプ」と呼ばれます。ピルの中には、月経困難症などの治療薬として保険適用になっているものもあります。まずは3シート以上飲んでみて、体に合わないと感じるようなら医師に相談しましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

低用量ピルとは?

「最大限のホルモン量で最大限の避妊効果」

世界で初めてピルが登場した1960年代には、含有しているホルモン量が多く、血栓症などの副作用が現れる確率が高いことが問題でした。

そこで、長い年月をかけて、できるだけ副作用をなくするための研究が進められた結果、ホルモンの量は減少。最小限のホルモン量で最大限の避妊効果を発揮できるピルが開発されました。エストロゲンの量が50マイクログラム(100万分の1グラム)より多いものは高用量ピル、50マイクログラムのものは中用量ピル、それ未満のものは低用量ピルといいます。

ちなみはピルは、英語の「Oral Contracepties(経口避妊薬)」の頭文字をとって、よく「OC」と呼ばれますが、日本では一般的に「低用量ピル」のことです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング