忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ピルで生理をずらしたり、飛ばしたりして問題ないのか?

「排卵や生理の回数が増えると、卵巣や子宮に大きな負担が」

ピルのメリットのひとつに、大切なイベントなどのときには、生理をずらしたりとばしたりして、コントロールできるということがあります。これは、重い生理痛などがある月経困難症や、生理前になると心身にさまざまな症状が現れるPMSなどに悩まされている人にとって、非常にうれしいことです。

部活の試合や就職試験、結婚式やハネムーンなどの大事なイベントから、月末恒例の社内会議や出張、夏休みなどの海外旅行、遠距離恋愛中の恋人とのデートまで、ピルで生理周期を自由にコントロールすることで実力を十分に発揮できたり、思いきり楽しんだりしています。

このようなことを書くと、「自然の生理現象である生理を薬物でコントロールしてしまうなんて、身体によくないのでは?」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、自然が一番怖いのです。人間も所詮は動物なので、次の命のために自分自身が毎月犠牲になっているのです。しかも、長い人間の歴史を考えると、現代に生きる女性は非常に不自然なライフサイクルを送っているともいえます。

たとえば、昔の女性の一生を考えてみましょう。避妊も行なわず、一生の間に妊娠と出産を何度も繰り返して、閉経を迎えていました。妊娠や授乳の周期は排卵や生理が起きないので、原始時代の女性の一生涯の排卵や生理はわずかに約50回です。一方、現代の女性は初潮を迎えるのが早く、出産する子どもの人数が減り、閉経年齢も上がっています。このため、一生涯の生理(及び排卵)は約450回。実に、9倍にも増えているのです。

「ピルを連続3シート飲んで卵巣や子宮を休ませる」

排卵や生理を繰り返すたびに、卵巣や子宮には大きな負担がかかっています。現代女性に子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなどが増えているのは、こうしたライフサイクルの変化が原因だといわれているのです。

ピルを服用すると、卵巣は休眠状態になり、子宮内膜は薄くなって生理は軽くなります。休薬期間やプラセボ(偽薬)を飲む期間を設けずに実薬を3シートまで飲み続けることで、その間、生理をとばすこともできます。卵巣や子宮を休ませることは婦人科疾患の改善や予防にもつながり、将来の妊娠力を高めることもなるので、心配は不要です。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング