忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ピルを飲めばどうして避妊できるの?

「脳がホルモン分泌をストップさせ排卵を起こさなくする」

毎日、だいたい同じ時間にピルを飲めば、99.9%という非常に高い避妊効果が得られます。ピルは現在、日本国内で行なえる避妊法の中でもっとも確実で安全性の高い方法だといえるでしょう。

どうして、ピルを飲むことで避妊ができるのでしょうか。ここでは、そのメカニズムについてわかりやすく説明します。

妊娠とは、卵巣から排卵が起こり、卵子が子宮内で精子と出会って(受精)受精卵になり、子宮内膜に着床することで成立します。妊娠中に、繰り返し妊娠することがないのは、妊娠中は排卵が起こらないから。この原理を利用して開発されたのがピルです。

排卵は、脳の視床下部や下垂体、卵巣などが相互に影響し合って分泌される各種ホルモンによってコントロールされています。

ピルを飲むと、ピルに含まれている2種類の女性ホルモン(プロゲストーゲンとエストロゲン)が血液中を循環します。脳の視床下部と下垂体がそれを感知すると、すでに血液中に十分な濃度の女性ホルモンがあると錯覚し、あたかも妊娠したかのように思い込んでしまいます。卵巣を刺激して排卵を促す必要はないと判断し、排卵が起こらなくなるのです。

これが、ピルを飲むと妊娠しない一番大きなメカニズムです。

さらに、ピルは子宮にも作用します。子宮そのものはホルモンを出しませんが、卵巣から出る女性ホルモンの働きで、子宮内膜は妊娠した場合に備えて少しずつ厚くなっていきます。

「受精卵が着床するのを防ぎ、精子の子宮内侵入もガード」

ところが、ピルを飲むと、脳は卵巣ホルモンが十分出ていると錯覚するため、卵巣ホルモンが分泌されなくなり、その結果、子宮内膜は厚くなりません。つまり、万一排卵が起きてしまった場合でも、受精卵が着床しにくい状態になるのです。これが、妊娠を妨げる2番目のメカニズムです。

そして、最後は子宮頸管(子宮の入り口)での作用です。ピルに含まれるプロゲストーゲンには、子宮頸管からでる粘液の粘性を高め、精子が子宮内に入りにくくする働きがあります。①排卵を抑える。②受精卵を着床しにくくする。③子宮内への精子の侵入を防ぐ。以上3つのメカニズムで、ピルの避妊効果はより確実なものになるのです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング