忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

日本のピルの普及率は世界から遅れている

「アメリカに遅れること40年。日本では1999年に承認・発売」

ピルが日本で承認・発売されたのは、世界の先進国の中ではもっとも遅く、アメリカに遅れること約40年後の1999年のこと。男性の勃起不全治療薬「バイアグラ」がたった半年後という早さで承認されたことを思うと、ピルの承認には異常なほど長い時間がかかりました。

これは、日本の社会や文化における性やセックス、あるいは子どもを「産む、産まない」という自己決定権に対する意識などとも無関係ではないでしょう。ピルを承認、発売することで性のモラルが乱れるのではないかと、ピルがコンドームに代わることでエイズの蔓延を招きかねないのではないかなどと危惧されたという背景もあります。

日本ではもともと、高用量や中用量のピルは、生理不順などの治療薬として使われてきました。避妊に関しては長年、コンドームが主流で、男性主導の形で行なわれてきましたが、ピルが発売されたことで、女性主導の避妊を行なえる環境が整ったのです。

日本にピルが登場してから10年以上が経ち、ピルを飲む女性は増加を続けています。しかし、世界の普及率に比べるとまだ非常に低く、ヨーロッパやアメリカのみならず、韓国や中国などのアジアの国よりも低いのが現状です。

●主要国の既婚者におけるピル普及率
ドイツ(1992)52.6%
オランダ(1993)49.0%
フランス(2000)43.8%
オーストラリア(1995)26.7%
イギリス(2005/06)26.0%
アメリカ(2002)18.3%
カナダ(1995)14.4%
北朝鮮(2002)3.7%
韓国(1997)1.8%
中国(2004)1.5%
日本(2004)1.1%
※( )内は調査年


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング