忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

避妊ピルの嬉しい副効用
正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ニキビなどの肌トラブルの改善

『男性ホルモンを抑えてしつこいニキビを治す』

ピルを飲めば、きれいになることも夢ではありません。ピルは女性の美容面にも大きな力を発揮するのです。

まず、目立って改善されるのはニキビです。

ニキビは次のようなメカニズムで発生します。男性ホルモンの働きにより、皮脂腺が発達して、毛穴から皮脂が過剰に分泌されるようになります。増えすぎた皮脂は毛穴に詰まって出口をふさいでしまいます。するとそこに、空気が嫌いな(嫌気性)アクネ菌が皮脂を栄養源として繁殖し、炎症を起こすため、ニキビができて悪化するのです。

このように、ニキビ発生のもととなる皮脂を増やすのは男性ホルモンです。このため、女性のニキビはホルモンバランスがくずれて、男性ホルモンが優位になったときにできやすいといわれています。

ピルを飲むとニキビが改善するのは、血液中に、男性ホルモンと結合して動けなくするタンパクが増加するためです。男性ホルモンの活動を抑えると、皮脂は過剰に分泌されなくなるのです。

さらに、ピルに含まれるエストロゲンには、皮脂腺が詰まるのを阻止する作用があり、ニキビができるのを防ぎます。もちろん、ピルを飲んでホルモンバランスが整うことも、ニキビができにくくなる大きな理由です。

ピルを飲み始めたばかりの頃は、ピルのホルモンに体が慣れないため、ニキビができやすくなる場合もあります。2~3ヶ月過ぎてもニキビが治らないときは、医師に相談してピルの種類を替えてみましょう。

『乾燥肌もうるおって、ハリや弾力が見違える』

ニキビの改善意外にも、ピルにはさまざまな美肌効果が期待できます。

女性ホルモンのエストロゲンには、肌をみずみずしくして、うるおいを保つ働きもあります。肌に弾力を与えるコラーゲンを増やすため、ピルを飲み続けるうちにピンとしたハリや弾力を感じるようになる人も多いでしょう。ひどい乾燥肌で悩んでいた人がピルを飲んで改善した例も多くあります。

また、肌がオイリーで悩んでいる人は、ホルモンバランスがくずれて男性ホルモンが優位になっている場合も。ピルで男性ホルモンの働きが抑えられると、過剰な皮脂も減少します。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

脳動脈瘤

脳動脈瘤は脳の血管壁が弱って血管の膨張を引き起こすもの。膨張した血管壁が破れると生命にかかわる脳出血を起こすことも。ピルは、脳動脈瘤の予防に効果があることがわかっています。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

良性の乳房疾患

 乳腺症や線維腺腫、のう胞などを含む良性の乳房疾患にもピルが効果的です。乳房にできるしこりの90%は良性で、そのほとんどが乳腺症。女性ホルモンのエストロゲンが乳腺に強く働くのが原因と考えられています。ピルの服用でエストロゲンの分泌が抑えられるので、発症の予防になります。

 日本のガイドラインでは、「慎重投与」とされていますが、WHOでは「どのような場合でも使用可」になっています。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

鉄欠乏性貧血

 生理量が多くて大量の血液を失うと、「鉄欠乏症貧血」になることがあります。ピルを服用すると生理量が減るので、結果として貧血が改善されます。常に貧血気味で、加えて生理過多でもある場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの疑いもあるので、検査を受けましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

骨粗しょう症

 エストロゲンの分泌が減ることで、骨の内部がスカスカにもろくなって、骨折しやすくなってしまう状態が「骨粗しょう症」です。エストロゲンには骨を作る細胞を増やし、骨の材料になるカルシウムを骨に定着させるホルモンやビタミンDの合成を促す働きがあります。閉経後の女性のほか、最近は過激なダイエットなどで排卵が止まった若い女性にも見られます。

 ピルにはエストロゲンが含まれているので、骨粗しょう症の予防になります。ピルを服用している人は、閉経後も骨密度が高いこともわかっています。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

子宮筋腫

 30代以降の女性の3~4人に1人には子宮筋腫があるといわれ、20代の女性にも増えています。

 子宮筋腫とは、子宮の筋肉の細胞が異常に増殖してできる良性の腫瘍です。ボールのように丸く、豆粒大の小さなものから、なかには大人の頭ほどあるものまでさまざま。いくつもできている場合もあります。何年もかけて大きくなっていきますが、がんのように転移したりせず、生命にかかわることはほとんどありません。しかし、人によっては生理量が多くなって貧血を起こしたり、症状が進むと子宮自体を手術で取らなければならなかったりすることも。

 ピルを飲むと、生理量が少なくなるので、それによる生理痛や貧血を軽減できます。筋腫は閉経すると小さくなるため、年齢によっては閉経を待つ間、ピルを服用するのもいいでしょう。日本のガイドラインでは、子宮筋腫がある人はピルを服用してはいけないとされていますが、WHO(世界保健機構)では「どのような場合でも使用可」になっています。

 ちなみに子宮筋腫とは違いますが、生理不順がひどく子宮が萎縮して老人や子どものような大きさになってしまっている人も、ピルで悪化を防げます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

更年期障害の予防

『卵巣機能の低下に加え、環境変化や体質なども要因に』

 女性は閉経にさしかかると卵巣の機能加低下して、体内のエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。エストロゲンは、肌や骨、血管、脳などに大きな働きをし、自律神経にも作用しているため、全身にさますまな症状が起こってきます。

 さらに、40〜50代はライフスタイルでも大きな変化が起きやすい年代です。子育てが一段落して本格的子離れが進む、自分や夫の親が病気になったり介護が必要になったりする、それまで以上に責任のある立場や仕事を任されるなどの環境的な要因で、大きなストレスが生じる人も少なくありません。もともとの健康状態が悪化しやすい年代でもあります。

 閉経をはさんで、その前後の約10年間を「更年期」といいますが、これらの要因が複雑にからまりあって心身に不調や症状が現れ、日常生活に支障をきたす状態になることを「更年期障害」といいます。

『ピルを飲み続けているとホルモン激減の影響を受けにくい』

 日本人の平均的な閉経は50歳前後。45〜55歳ぐらいに更年期の人が多いといえますが、個人差がとても大きく、30代後半から始まる人もいます。

 のぼせやほてり、頭痛、肩こり、イライラ、動悸、汗をかきやすい、不眠、手足の冷え、憂うっな気分、疲れやすいなど、その症状は非常に多岐に渡ります。

 ピルには体内のホルモン状態を一定に保つ働きがあります。ピルを飲み続けていると、更年期になって卵巣の働きが低下しても、ホルモン分泌量激減の影響を受けにくくなるため、更年期障害の予防に効果があるのです。更年期の症状が出てきてから飲み始めても、症状の改善が見られます。また、生理周期が規則的になるので、更年期特有の生理不順も解消されます。症状が起こる前からピルを飲んでいると、自分ではいつか更年期なのか気づかない場合も。

 なお、40歳以上の人はピルを使わないほうがいいといわれることもありますが、FDA(米国食品医薬品局)は、1989年に「健康でタバコを吸わない女性なら、40歳以上でも、ピルから得られる利益のほうが副作用のリスクを上回る」という見解を発表しています。50歳を超えると、副作用のリスクが大きくなるので、ピルよりもずっとホルモン量の少ないHRT(ホルモン補充療法)に切り替える方が良いです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

子宮体がんの予防

『ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ』

ピルの服用は、子宮体がんの予防にも効果を発揮します。

子宮は洋ナシを逆さにしたような形をしていて、下部3分の1の細くくびれた部分を「子宮頸部」、上部3分の2のふくらんだ部分を「子宮体部」といいます。子宮体がんは、この子宮体部にできるがんのことです。子宮体部にできるがんのことです。子宮体部の子宮内膜から発生することから「子宮内膜がん」とも呼ばれています。

子宮体がんは若い女性に少なく、閉経後の女性に多く見られるのが特徴。50代の発症率がもっとも高く、次が40代です。出産経験のない女性や妊婦・分娩回数の少ない女性、生理不順の女性に発症しやすいといわれています。肥満や動物性脂肪中心の食生活、糖尿病や高血圧などもリスクを高めます。

原因としては、過剰に分泌されたエストロゲンが子宮内膜に作用して、子宮内膜の一部ががん化するせいではないかと考えられています。

代表的な自覚症状は不正出血と下腹部痛。子宮体がんにかかった人の9割に不正出血が起こることも多いので、異常があった場合はすぐ病院へ行きましょう。

ピルを服用している人は、服用していない人に比べると子宮体がんのリスクが低くなることがわかっています。これは、ピルに含まれるプロゲストーゲンの作用で子宮内膜細胞の増殖を抑え、がん化を防ぐからだと考えられます。

一方、子宮にできるもうひとつのがん、子宮頸がんは若い女性でも注意が必要です。30代が発症のピークで、20~30代の女性では一番多いがんなのです。

『若い女性にも多い子宮頸がんはワクチン接種と検診で予防しよう』

子宮体がんの予防には効果があるピルですが、残念ながら子宮頸がんには効果がありません。子宮頸がんの原因は、セックスなどで感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)と考えられています。これは皮膚や粘膜に存在する、ごくありふれたウイルスで、性交経験がある女性の約80%は一生に一度は発がん性HPVに感染するといわれています。

子宮頸がんは、ワクチンと定期的な検診で予防することができます。子宮頸がん予防ワクチンを接種することで特に発がん性の高いHPVの感染をほぼ防ぐことができますが、子宮頸がん検診は必要です。必ず毎年受けてください。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルで卵巣がん・卵巣のう腫の予防

『卵巣は排卵のたびに刺激され大きな負担がかかる』

卵巣のう腫や卵巣がんなどの卵巣の病気も、少子化か進むにつれて次第に増えてきました。

卵巣は、ちょうどアーモンド粒ほどの小さな臓器。子宮の左右にI個ずつあり、扁平な形をしています。女性は生まれたときから、この卵巣の中に、数百万個もの原始卵胞を持っているのです。

卵巣は、思春期を迎えると女性ホルモンを分泌して、周期的に卵胞を育てて排卵するというメカニズムを繰り返します。

「卵巣内の卵胞が発育する⇒卵胞が破裂する⇒卵巣から卵子が飛び出る⇒破裂した卵胞のカラが修復される」という排卵が毎月繰り返されるたびに卵巣が刺激されて負担がかかるのが原因で、腫瘍ができるのではないかと考えられています。現代の女性は初潮年齢が低く、子どもを産む回数も少ないため、昔に比べると排卵の回数が大幅に増えています。つまり、長年にわたって、卵巣には大きな負担がかかっているのです。

卵巣にできる腫瘍は、大きく「卵巣のう腫」と「充実性腫瘍」に分けられます。

「卵巣のう腫」は、卵巣の中に分泌液がたまる腫瘍で、さわるとやわらかいのが特徴。卵巣腫瘍の約80%は卵巣のう腫で、その多くは良性です。10〜80代の幅広い女性に見られます。

「充実性腫瘍」は、細胞や組織が増殖して硬いコブのようになる腫瘍で、さわると硬いタイプ。卵巣腫瘍の約20%を占め、悪性のものが「卵巣がん」です。幅広い年齢層に見られますが、40代以降に多く見られます。卵巣がんば10万人に約5人と、発生率は少ないものの、死亡率は50%と高いのが特徴です。

『ピルで排卵を抑えて卵巣の負担を軽減する』

ピルを服用すると、卵巣がんの発症率が下がることがわかっています。ピルを飲むことで排卵自体が起こらなくなるため、卵巣にかかる負担が減り、その結果として卵巣がんが発症しにくくなるのです。同様に、卵巣のう腫にも効果があります。

ある患者さんに、片方の卵巣にできたのう腫が悪化して摘出手術をしたところ、しばらくしてひとつしか残っていない卵巣にものう腫ができた高校生がいます。彼女の場合も将来の妊娠、出産に備え、のう腫がこれ以上悪化しないようピルで排卵刺激を抑えたら、卵巣のう腫はなくなりました。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルで子宮内膜症の改善

『10代後半~30代に多く見られ、生理がある人の10人に1人とも』

少子化が進むようになって増えてきた、婦人科の病気の代表的なひとつに「子宮内膜症」があります。10代後半から30代に多く見られ、若い人にも起こるのが特徴です。「生理のある女性の10人に1人は子宮内膜症を持っている」という説もあるほど、非常に多い病気なのです。

そもそも子宮内膜というものは、子宮の内側を覆っているものです。黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用で、受精卵が着床しやすいよう定期的に厚くやわらかくフカフカな状態になって、妊娠に備えるのです。受精が起こらなかった場合は、子宮からはがれ落ちて、血液と一緒に体外に排出されます。これが生理です。

子宮内膜症とは、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、なぜか子宮以外の卵巣や腹膜といった別の場所に現れ、そこでも生理のたびに出血と癒着を繰り返すという病気です。子宮以外の場所には、膣のような出口がないので、血液や内膜は排出できずにその場にたまって病巣を作り出し、炎症を引き起こしてしまいます。そのため、強い生理痛が起こります。

初期の病巣はとても小さいために見つけにくく、出血を繰り返して、少しずつ大きくなっていきます。生命にかかわる病気ではありませんが、生理痛がひどくて起き上がれなかったり、生理量が増えてレバーのような血のかたまりが出たり、性交痛や排便痛などを引き起こすことも、卵巣に病巣ができると、古い血液をため込んで「卵巣のう腫」(チョコレートのう腫)をつくることもあります。

『ピルで症状を緩和したり、生理回数を減らすのも有効』

子宮内膜症は閉経までえ完治せず、再発を繰り返します。症状がひどい場合は、腹腔鏡手術などで取り除くことも、ピル服用は根本的な治療にはなりませんが、ピルのプロゲストーゲンの作用でプロゲステロンの分泌が止まるので、子宮内はもちろん、子宮外にできた子宮内膜の増殖も防げます。このため、重い生理痛などの症状が軽減されます。

また、一相性の低用量ピルを使って生理を長期間止めることで、年間の生理数をへらすことができるというメリットもあります。実際に、子宮内膜症性の卵巣のう腫が小さくなり、手術を回避できた人も多くいます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

PMS(月経前症候群)が気になる人には一相性ピルがおすすめ

2つの女性ホルモン、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの働きは対照的。生理から排卵期まではエストロゲンが多く分泌され、心身ともに快調な状態が続きます。排卵から次の生理開始までは一転、プロゲステロンが優位になり、そうするとPMS(月経前症候群)の症状が現れるのです。このように、ホルモンのバランスが大きく変わることで、心身の状態にも周期的な変化が現れるわけです。

ピルを服用することで、ホルモンのバランスが整うので、PMS(月経前症候群)の不快症状が解消されたり、緩和されたりします。

三相性などの段階的ピルは、2つのホルモンの配合比や量を自然な生理周期で起きる女性ホルモンの変化に近づけているため、PMS(月経前症候群)に近い症状が起こりやすいといわれています。PMS(月経前症候群)が気になる人には、一相性のピルがおすすめです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルにはPMS(月経前症候群)を軽減する効果がある

『心身のトラブルが原因で仕事や人間関係にも支障が』

ピルには、「ほとんどの女性が経験あり」といわれる「PMS」を軽減する効果もあります。「PMS」とは"Premenstruak Syndrome"の略で、「月経前症候群」のこと、生理の約2週間前から現れるさまざまな心身不調の症状をいいます。

症状は、大きく体のトラブルと心のトラブルに分かれ、現れ方や程度にはかなりの個人差があります。

体に現れる症状としては、下腹部や乳房の傷みや張り、腰痛、頭痛や肩こり、めまい、手足の冷え、ニキビや肌荒れなどのトラブル、むくみ、胃腸のトラブル、疲れやすい、すぐに眠くなる、アレルギー症状が出やすい、などがあります。

精神的な症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、攻撃的になる、無気力、憂うつ、弱気になる、涙もろくなる、集中できなくなる、気分が高揚しやすく抑えられなくなる、などです。こうした心身不調の症状のせいで、仕事や人間関係など、社会的活動に支援をきたしてしまう人もいます。

多くの場合は、複数のトラブルが重なって現れ、体調悪さに加えて、精神的な落ち込みにも見舞われることが多いため、つらさや不調が倍加されてしまうのです。

PMSの原因についてはいろいろといわれてますが、女性ホルモンのバランスが急激に変動することが大きな原因だという説が有力です。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルは月経困難症に悩む人に効果的

「ホルモンバランスを整え、子宮内膜が厚くなるのを防ぐピル」

生理周期とは、生理開始日から次の生理が始まるまで。約28日前後をめやすに、25~38日が正常範囲です。24日以内の場合を「頻発月経」、39日以上の場合を「稀発月経」といいます。この生理周期には個人差がありますが、月によってバラバラだったり、来たり来なかったりすることを「生理不順」といいます。生理周期をコントロールしているのが、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロン。これらのホルモンバランスが乱れると、生理不順になりやすいのです。

また、生理のときは、はがれた子宮内膜を押し出そうと子宮が収縮するのですが、この子宮の収縮が強すぎると生理痛の原因に。毎回、寝込んでしまうほど痛みが激しく、日常生活に支障をきたす場合は「月経困難症」とされ、治療に対象になります。一般に生理量が多い体質の人は、子宮の収縮も激しいようです。月経困難症の主な症状は、下腹部痛や腰痛、頭痛、背中の痛み、吐き気などです。

ピルを服用すると、実薬を21日間飲んだあと、休薬中(またはプラセボ服用中)の3~4日後に必ず生理(正しくは「消退出血」といいます)が始まるため、生理周期は規則正しくなって安定します。

また、ピルのプロゲストーゲンの働きによって、子宮内膜が厚くなりません。すると、子宮の壁からはがれ落ちる経血の量も減り、生理痛が緩和されるので、月経困難症に悩む人にも効果的です。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

生理不順や生理痛が改善

「生理のわずらわしさが減れば、もっと自由に、快適に過ごせる」

高い避妊効果が期待できるピルには、避妊以外にもさまざまなメリットがあり、これらはピルの「副効用」といわれています。

その代表的なものとしてまず挙げたいのは、「生理不順や生理痛の改善」など、生理にまつわる効果です。そもそも女性であるというだけで、生理のケアには、男性にはわからない大きな負担がついてまわります。毎月、いつ始まるかわからない生理にストレスを感じ、ナプキンやタンポン、鎮痛剤などを購入し、生理量が多い場合はモレやズレなどを気にして行動に制限を受け、生理痛やナプキンかぶれなどにも悩まされる・・・。ピルを飲むことで生理が予定どおりに始まり、生理量が減って、痛みなどの不調や夏場のムレなどもなくなれば、女性はもっと自由に、快適に過ごすことができるのです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング