忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

子宮体がんの予防

『ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ』

ピルの服用は、子宮体がんの予防にも効果を発揮します。

子宮は洋ナシを逆さにしたような形をしていて、下部3分の1の細くくびれた部分を「子宮頸部」、上部3分の2のふくらんだ部分を「子宮体部」といいます。子宮体がんは、この子宮体部にできるがんのことです。子宮体部にできるがんのことです。子宮体部の子宮内膜から発生することから「子宮内膜がん」とも呼ばれています。

子宮体がんは若い女性に少なく、閉経後の女性に多く見られるのが特徴。50代の発症率がもっとも高く、次が40代です。出産経験のない女性や妊婦・分娩回数の少ない女性、生理不順の女性に発症しやすいといわれています。肥満や動物性脂肪中心の食生活、糖尿病や高血圧などもリスクを高めます。

原因としては、過剰に分泌されたエストロゲンが子宮内膜に作用して、子宮内膜の一部ががん化するせいではないかと考えられています。

代表的な自覚症状は不正出血と下腹部痛。子宮体がんにかかった人の9割に不正出血が起こることも多いので、異常があった場合はすぐ病院へ行きましょう。

ピルを服用している人は、服用していない人に比べると子宮体がんのリスクが低くなることがわかっています。これは、ピルに含まれるプロゲストーゲンの作用で子宮内膜細胞の増殖を抑え、がん化を防ぐからだと考えられます。

一方、子宮にできるもうひとつのがん、子宮頸がんは若い女性でも注意が必要です。30代が発症のピークで、20~30代の女性では一番多いがんなのです。

『若い女性にも多い子宮頸がんはワクチン接種と検診で予防しよう』

子宮体がんの予防には効果があるピルですが、残念ながら子宮頸がんには効果がありません。子宮頸がんの原因は、セックスなどで感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)と考えられています。これは皮膚や粘膜に存在する、ごくありふれたウイルスで、性交経験がある女性の約80%は一生に一度は発がん性HPVに感染するといわれています。

子宮頸がんは、ワクチンと定期的な検診で予防することができます。子宮頸がん予防ワクチンを接種することで特に発がん性の高いHPVの感染をほぼ防ぐことができますが、子宮頸がん検診は必要です。必ず毎年受けてください。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング