忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

更年期障害の予防

『卵巣機能の低下に加え、環境変化や体質なども要因に』

 女性は閉経にさしかかると卵巣の機能加低下して、体内のエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。エストロゲンは、肌や骨、血管、脳などに大きな働きをし、自律神経にも作用しているため、全身にさますまな症状が起こってきます。

 さらに、40〜50代はライフスタイルでも大きな変化が起きやすい年代です。子育てが一段落して本格的子離れが進む、自分や夫の親が病気になったり介護が必要になったりする、それまで以上に責任のある立場や仕事を任されるなどの環境的な要因で、大きなストレスが生じる人も少なくありません。もともとの健康状態が悪化しやすい年代でもあります。

 閉経をはさんで、その前後の約10年間を「更年期」といいますが、これらの要因が複雑にからまりあって心身に不調や症状が現れ、日常生活に支障をきたす状態になることを「更年期障害」といいます。

『ピルを飲み続けているとホルモン激減の影響を受けにくい』

 日本人の平均的な閉経は50歳前後。45〜55歳ぐらいに更年期の人が多いといえますが、個人差がとても大きく、30代後半から始まる人もいます。

 のぼせやほてり、頭痛、肩こり、イライラ、動悸、汗をかきやすい、不眠、手足の冷え、憂うっな気分、疲れやすいなど、その症状は非常に多岐に渡ります。

 ピルには体内のホルモン状態を一定に保つ働きがあります。ピルを飲み続けていると、更年期になって卵巣の働きが低下しても、ホルモン分泌量激減の影響を受けにくくなるため、更年期障害の予防に効果があるのです。更年期の症状が出てきてから飲み始めても、症状の改善が見られます。また、生理周期が規則的になるので、更年期特有の生理不順も解消されます。症状が起こる前からピルを飲んでいると、自分ではいつか更年期なのか気づかない場合も。

 なお、40歳以上の人はピルを使わないほうがいいといわれることもありますが、FDA(米国食品医薬品局)は、1989年に「健康でタバコを吸わない女性なら、40歳以上でも、ピルから得られる利益のほうが副作用のリスクを上回る」という見解を発表しています。50歳を超えると、副作用のリスクが大きくなるので、ピルよりもずっとホルモン量の少ないHRT(ホルモン補充療法)に切り替える方が良いです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング