忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルで卵巣がん・卵巣のう腫の予防

『卵巣は排卵のたびに刺激され大きな負担がかかる』

卵巣のう腫や卵巣がんなどの卵巣の病気も、少子化か進むにつれて次第に増えてきました。

卵巣は、ちょうどアーモンド粒ほどの小さな臓器。子宮の左右にI個ずつあり、扁平な形をしています。女性は生まれたときから、この卵巣の中に、数百万個もの原始卵胞を持っているのです。

卵巣は、思春期を迎えると女性ホルモンを分泌して、周期的に卵胞を育てて排卵するというメカニズムを繰り返します。

「卵巣内の卵胞が発育する⇒卵胞が破裂する⇒卵巣から卵子が飛び出る⇒破裂した卵胞のカラが修復される」という排卵が毎月繰り返されるたびに卵巣が刺激されて負担がかかるのが原因で、腫瘍ができるのではないかと考えられています。現代の女性は初潮年齢が低く、子どもを産む回数も少ないため、昔に比べると排卵の回数が大幅に増えています。つまり、長年にわたって、卵巣には大きな負担がかかっているのです。

卵巣にできる腫瘍は、大きく「卵巣のう腫」と「充実性腫瘍」に分けられます。

「卵巣のう腫」は、卵巣の中に分泌液がたまる腫瘍で、さわるとやわらかいのが特徴。卵巣腫瘍の約80%は卵巣のう腫で、その多くは良性です。10〜80代の幅広い女性に見られます。

「充実性腫瘍」は、細胞や組織が増殖して硬いコブのようになる腫瘍で、さわると硬いタイプ。卵巣腫瘍の約20%を占め、悪性のものが「卵巣がん」です。幅広い年齢層に見られますが、40代以降に多く見られます。卵巣がんば10万人に約5人と、発生率は少ないものの、死亡率は50%と高いのが特徴です。

『ピルで排卵を抑えて卵巣の負担を軽減する』

ピルを服用すると、卵巣がんの発症率が下がることがわかっています。ピルを飲むことで排卵自体が起こらなくなるため、卵巣にかかる負担が減り、その結果として卵巣がんが発症しにくくなるのです。同様に、卵巣のう腫にも効果があります。

ある患者さんに、片方の卵巣にできたのう腫が悪化して摘出手術をしたところ、しばらくしてひとつしか残っていない卵巣にものう腫ができた高校生がいます。彼女の場合も将来の妊娠、出産に備え、のう腫がこれ以上悪化しないようピルで排卵刺激を抑えたら、卵巣のう腫はなくなりました。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング