忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルで子宮内膜症の改善

『10代後半~30代に多く見られ、生理がある人の10人に1人とも』

少子化が進むようになって増えてきた、婦人科の病気の代表的なひとつに「子宮内膜症」があります。10代後半から30代に多く見られ、若い人にも起こるのが特徴です。「生理のある女性の10人に1人は子宮内膜症を持っている」という説もあるほど、非常に多い病気なのです。

そもそも子宮内膜というものは、子宮の内側を覆っているものです。黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用で、受精卵が着床しやすいよう定期的に厚くやわらかくフカフカな状態になって、妊娠に備えるのです。受精が起こらなかった場合は、子宮からはがれ落ちて、血液と一緒に体外に排出されます。これが生理です。

子宮内膜症とは、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、なぜか子宮以外の卵巣や腹膜といった別の場所に現れ、そこでも生理のたびに出血と癒着を繰り返すという病気です。子宮以外の場所には、膣のような出口がないので、血液や内膜は排出できずにその場にたまって病巣を作り出し、炎症を引き起こしてしまいます。そのため、強い生理痛が起こります。

初期の病巣はとても小さいために見つけにくく、出血を繰り返して、少しずつ大きくなっていきます。生命にかかわる病気ではありませんが、生理痛がひどくて起き上がれなかったり、生理量が増えてレバーのような血のかたまりが出たり、性交痛や排便痛などを引き起こすことも、卵巣に病巣ができると、古い血液をため込んで「卵巣のう腫」(チョコレートのう腫)をつくることもあります。

『ピルで症状を緩和したり、生理回数を減らすのも有効』

子宮内膜症は閉経までえ完治せず、再発を繰り返します。症状がひどい場合は、腹腔鏡手術などで取り除くことも、ピル服用は根本的な治療にはなりませんが、ピルのプロゲストーゲンの作用でプロゲステロンの分泌が止まるので、子宮内はもちろん、子宮外にできた子宮内膜の増殖も防げます。このため、重い生理痛などの症状が軽減されます。

また、一相性の低用量ピルを使って生理を長期間止めることで、年間の生理数をへらすことができるというメリットもあります。実際に、子宮内膜症性の卵巣のう腫が小さくなり、手術を回避できた人も多くいます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング