忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

避妊ピルの活用法
正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

みんなが避妊ピルを飲み始めたきっかけ

ピルを飲み始めたきっかけは人それぞれ、「確実な避妊をしたかったから」という人が一番多いですが、「生理周期を安定させたかった」「生理痛を軽減させたかった」など、生理に関する悩みがきっかけになった人も多いようです。

ほかには、「にきび・肌荒れを治したかった」「卵巣がん、子宮体がんなどを予防したかった」などの副効用を期待して飲み始めた人や、「女性主導で避妊できる」「使用法が簡単」「性感を妨げない」などのメリットを感じて服用を始めた人もいます。

避妊単独の目的でピルを飲む人は年々減っているのに対して、避妊以外の副効用に対する期待で飲み始めた人は年々増えております。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

ピルを更年期のホルモンバランスの調整に活用

『減っている女性ホルモンを補い、骨粗しょう症などの予防にもなる』

女性の一生は、女性ホルモンに大きく影響されています。男性ホルモンは一生を通じてゆるやかに変化していくのに対して、女性ホルモンは月ごとや年代による変動が大きいのが特徴です。

閉経前後の「更年期」(45歳~55歳頃)には、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、のぼせや肩こり、冷え、疲れやすい、腰痛、不眠、動悸、息切れなど、体や心にさまざまな症状が現れます。こうした症状のうち、日常生活に支障があるものを「更年期障害」というのです。また、女性ホルモンの分泌が減ることで、骨粗しょう症や高脂血症などの健康問題も起こりやすくなります。

ピルを飲めば、更年期を迎えて減少していく女性ホルモンを補うことになります。つまり、ピルを飲み続けている間は、更年期障害になることはありません。骨粗しょう症や高脂血症などの予防にも効果的です。日本のガイドラインでは、副作用のリスクの見地から「40歳以上の場合は慎重投与」となっているのですが、国際的には、40歳以上でも健康でタバコを吸っていない女性は問題ないとされています。ただし、50歳を過ぎると副作用のデメリットが大きくなるので、更年期症状が気になる人は、さらに低用量のホルモン補充療法に切り替えるようにしましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

計画的に妊娠や出産をするためにピルを活用

「産みたい時期に合わせてピルの服用を中止しよう」

パートナーができたら、必ず避妊についてよく話し合いましょう。子どもを産んで育てる環境が整っていて、お互いに「今すぐ子どもがほしい」と考えているのなら避妊をする必要はありませんが、子どもはまだほしくなかったり、今は妊娠したら困るという状況なら、どんな避妊法を用いるべきかについてもきちんと話し合うべきです。避妊について話し合えない相手とは、セックスをするべきではありません。コンドームが安心できる避妊法ではないことも胆に銘じておきましょう。

日本では「子どもは天からの授かりもの」という考えが浸透しているせいもあってか、計画的に妊娠や出産をするということに抵抗を感じる人もいるようです。しかし、「できてから考える」「産んだら何とかなる」というのではあまりにも無責任。たとえ結婚していたとしても、無制限に妊娠・出産を繰り返すことは、肉体的にも経済的にも無理があります。バースコントロールを行なうのは、責任ある大人として当然のことだと思います。

ほとんどの人が、ピルの服用を中止して3~4ヶ月以内に生理が回復し、妊娠可能な状態に戻ります。ちなみに、授乳中はピルを飲めません。子どもの虫歯を防ぐためにも1歳3ヶ月までに断乳しましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

就職活動、結婚式、ハネムーンなどにピルを活用

「日程が決まっている場合はピルを活用して生理を調整」

ピルを飲むことの大きなメリットのひとつに、生理のスケジュールを上手にずらしたり、生理をとばしたりできるということがあります。

受験や資格試験、就職の筆記試験や面接、婚活パーティ、結婚式、ハネムーンなど、人生にはさまざまな重大イベントがあります。ここぞといった大切なシーンには、心身ともに最高の状態で臨みたいもの。生理やPMSが原因で体調や精神状態がよくなかったり、そのせいで持てる力を十分に発揮できなかったりすると、後々悔やんでも悔やみきれません。

大事なイベントの日程があらかじめ決まっている場合は、ピルを活用して生理を調整しましょう。もちろん、温泉旅行や海外旅行、スポーツなどを楽しむ場合でも同様です。

一相性のピルは生理をとばすのに向いています。大事なイベントなどに生理が重なりそうな場合は、休薬期間を設けずに、生理が来てもいい日まで実薬を飲み続けます。最大3シート(21日×3シート=63日)分まで続けて飲むことができます。

また、休薬期間が8日以上になると卵巣が働き始めて避妊効果が落ちてしまいますが、休薬期間を7日以内に短くする分には問題はありません。数シートにわたって休薬期間を短くすることで、生理を早めることもできます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

生理に振り回されずコントロールする

「生理に振り回されることなく、アクティブにコントロールを」

働いている女性は特に、生理前や生理中の痛みや不快感、情緒不安定などのせいで仕事の能率が下がったり、大事な会議や打ち合わせなどのときに限って突然生理が始まって困ったりした経験があるのではないでしょうか。それでなくても女性は毎月、ナプキンやタンポン、鎮痛剤などを購入しなければならないし、1日に何度もトイレに駆け込んで、長時間トイレに行けないときは経血で下着や白い服を汚さないかとハラハラするなど、生理のケアに多くのエネルギーや費用を費やしているわけです。

日本人女性の特性なのか、昔から「生理のときにがまんするのは当然!」と思ってきた人が多いようです。しかし、ピルを飲めば、このような生理にまつわる負担から大きく解放されます。

次回の生理がいつから始まるかを正確に予測できて、それが仕事などに支障がある場合には、自由に生理をずらすことができるのです。生理が始まったら出血量は少なく、生理痛も非常に軽くなります。

PMSや生理痛などで仕事に支障がある人や、遠距離恋愛中でデートの日が限られている人などには、ピルをおすすめします。出張や会議、仕事が忙しくなる時期、大切なプライベートの予定などと生理がぶつからないようコントロールしましょう。ストレスフルな社会に生きる女性ほど、生理に振り回されることなくアクティブに過ごしていただきたいです。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

10代や学生時代こそピルで確実な避妊を

「不安定なホルモンバランスを整えるのにもピルは有効」

10代や学生のうちから性交渉を持つ女性が少なくない時代ですが、子どもを産んで育てることができない時期には、きちんと避妊をするべきです。

手軽に手に入るコンドームは便利な避妊法ではありますが、避妊率から考えると決して安心できる方法ではありません。やはり、99.9%と避妊率が高いピルを選びましょう。ただし、がんや性感染症も怖いので必ずコンドームは使用してください。

また、10代の頃は、ホルモンバランスもまだまだ不安定なので、生理不順や無月経、生理痛などのトラブルが起こりがちです。ホルモンバランスの乱れが原因で、ニキビができやすくなることもあります。

ピルを飲み、乱れがちなホルモンバランスを整えることで、こうしたトラブルを解消する効果があります。もし、避妊目的ではなかったとしても、排卵を抑えてホルモンバランスを整えることで、将来の健全な妊娠・出産に向けて、未成熟な卵巣や子宮を守るためにも、10代や学生の女性にこそ積極的にピルを飲んでいただきたいと思います。

さらに、大切な学校行事や試験、大学受験などに生理日を重ねないよう、生理周期をコントロールすることもできます。ピルは3シートまで連続して飲むことで生理をとばすことができるのです。最近はでは、受験のためにピルの指導をしている先進的な高校もあります。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング