忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

避妊ピルの飲み方・続け方
正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルを飲み忘れてしまったときはどうすればいいの?

『24時間以内に気づいた場合は気づいた時点ですぐに飲むこと』

 ホルモンの量を最低限に設定している低用量ピル。1日以上飲み忘れてしまったら、避妊効果は不確実なものになります。つまり、ピルによる避妊効果を発揮するためには「毎日、同じ時間にピルを1錠飲む」ということが条件なのです。実際には、服用時間が多少ずれたとしても避妊効果に影響はないのですが、「少しくらいならずれても安心」などと油断して飲み忘れないためにも、毎日同じ時間に飲むことをできるだけ習慣づけるようにしましょう。

 ここでは、ピルを飲み忘れてしまった場合の対処法について説明します。しかし、これはあくまでも非常事態だと思ってください。

 まず、予定していた服用時刻から24時間以内で飲み忘れに気づいた場合。気づいた時点ですぐ、飲み忘れた1錠を飲みます。そして、次の服用時刻になったら、いつもどおり1錠を飲んでください。

 飲み忘れに気づいたのが、翌日の服用時刻だった場合は、前日の分と合わせて2錠を飲みましょう。

 ピルには「7日間ルール」というものがあり、7日間ピルを飲んだあとなら卵巣は休止しているので、1日の飲み忘れで排卵が起こることはまずありません。飲み忘れに気づいた時点で1錠飲み、次の服用時刻にもう1錠飲むのが基本になります。

 飲み忘れた日が、ピルを飲み始めて1~7日目の場合は、念のため、コンドームなどのほかの避妊法を併用しましょう。

『24時間以上経って気づいた場合は中止して、次の生理から再スタート』

 そして、予定していた服用時刻から24時間以上経って飲み忘れに気づいた場合は、避妊効果が不確実になるのでピルの服用は中止してください。中止すると、すぐに生理が始まります。生理が始まったら、1~3日目から新しいシートに切り替えて飲み始めましょう。服用を中止している期間は、コンドームなどの避妊法を行ってください。

 また、「ピルを飲んだあとに吐いてしまったのですが、どうしたらいいですか?」という質問をよく受けます。ピルを飲んでから3時間以上経っている場合は、ピルは消化されているので大丈夫。3時間以内に吐いてしまったときは、吐き気がおさまったあとに追加で1錠飲み、次の服用時刻にいつもどおり1錠を飲みましょう。激しい下痢を起こした場合も、吐いたときと同じように対処してください。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

避妊ピルはどのようにして飲めばいい?

『1日1回1錠を毎日、だいたい同じ時間に飲むだけでOK』

飲み方はとても簡単。1日1回1錠を、毎日だいたい同じ時間に飲むだけでいいのです。時間は何時でもかまいませんが、できるだけ朝飲むように指導されるようです。朝なら、枕元に水と一緒に置いておいて起きたらすぐに飲んだり、歯磨きやメイク、着替えの前後に飲んだりするなど習慣にしやすいし、うっかり飲み忘れた場合でも、昼や夜などその日のうちに飲めるというメリットがあるからです。

しかし、自分のライフスタイルを考えると夜のほうが飲みやすいという人は、もちろんそれでもOK。最近では、あらかじめ登録しておけば、飲む時間になったらケータイメールで知らせてくれるといったサービスなどもあるので便利です。

ピルには21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらも服用スタートは、生理の1~3日目から(初日から飲む場合は初日から避妊効果があるが、不正出血が起こることも)。生理開始後、最初に来る日曜日から飲み始める「サンデースタート」もあります。いずれの場合でも、生理の初日から飲まない場合は、ピルを飲み始めて最初の7日間は必ずコンドームなどのほかの避妊法を併用してください。ピルのホルモンが体内に入ってから、卵巣の働きが完全に休みに入るまでには7日間かかるからです。

『21日のみ続けたあとの休薬期間に生理が始まる』

21錠タイプの場合は、1日1錠を21日間(1シート)飲み続けたら7日間休み、この28日間を1周期(または1サイクル)といいます。28錠タイプの場合は、この休薬期間にホルモン剤が入っていないプラセボ(偽薬)を飲むことで、飲み忘れを防ぐ効果が。いずれの場合も、休薬して3~4日目に生理のような出血(消退出血)が起こります。

ピル服用中に不正出血があっても、軽い副作用なのでピルを中止する必要はありません。ただ、2週間続けて生理が来ない場合は妊娠の可能性があるので、ピルを飲むのをやめて受診しましょう。

また、ふくらはぎなどに痛みとむくみがある、片頭痛が続く、突然の息切れや激しい胸に痛みがある、突然目がかすむ、むかつきや嘔吐が長く続く、などの症状がある場合は、血栓症などの疑いがあります。ピルを中止して、医師の診断を仰いでください。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルを飲んではいけない人

『日本のガイドラインの中にはWHOの禁忌に当てはまらないものも』

ピルは、女性なら誰でも飲めるというわけではありません。副作用があるということは、絶対に飲んではいけない場合(「禁忌」といいます)や、飲むにしても十分な注意が必要な場合があるということなのです。

とはいえ、やみくもに恐れる必要はありません。初診の際に「注意が必要な人」と診断されても、定期的に必要な検査を受けて、医師の指導のもとで正しく服用していれば、深刻な副作用が起きる危険はほぼないといっていいでしょう。

十分な注意が必要だとされているのは、40歳以上の人や喫煙者、家族に乳がんになった人がいる人、肥満度指数(BMI)が30以上の肥満の人、軽い高血圧の人、糖尿病や肝障害、心臓病や腎臓病の人、てんかんのある人などです。

日本のガイドラインの中には、WHO(世界保健機構)の禁忌に当てはまらないものもあります。たとえば、子宮筋腫がある人は、日本では「服用してはいけない」となっていますが、WHOでは「どのような場合でも使用可」のカテゴリーに入っています。実際のケースでも、ピルを服用することで子宮筋腫が縮小したというケースが多いのです。

軽度の高血圧の人や糖尿病の人、てんかんのある人なども、日本のガイドラインでは「慎重投与」ですが、WHOでは服用に問題はありません。

『ピル以外の薬を服用する場合は医師や薬剤師に相談すること』

また、ピルをほかの薬と一緒に飲むと、避妊効果が弱くなってしまう場合や、ピルの副作用を強めてしまう場合があります。反対に、ピルによってほかの薬の効果が弱くなったり、強く効きすぎたりしてしまうこともあります。

たとえば、風邪をひいて抗生物質を飲んだ場合は、ピルの効果を弱めることがわかっているし、胃潰瘍の薬を長期に渡って併用することで、ピルによるマイナートラブルが強く出てしまうこも。逆に、血糖値を下げる薬や血圧を下げる薬の中には、ピルとの相互作用で効果が弱まってしまうものあります。

いずれにしても、ピル以外の薬を飲む場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルが処方されるまで

婦人科へ来院

電話で避妊ピルを処方しているかどうか問い合わせます。避妊ピルは自由診療のため健康保険は適用されませんが、検査で病気が見つかった場合などに備えて、初診では健康保険証を持参しましょう。

問診票に記入

受付で渡された問診票に記入します。生理周期や家族の病歴などはあらかじめチェックしておくこと。

医師による問診

避妊ピルを服用したい理由を説明し、避妊ピルに関する質問や不安などもここで解決しましょう。

検査

問診後、必要に応じて、血圧検査や血液検査、尿検査などを行うこともあります。

避妊ピル処方

問診や検査で問題がなければ、ピルを処方され、飲み方や注意事項などの説明を受けます。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

避妊ピルは病院へ行けばすぐにもらえるの?

『ピルは婦人科クリニックで処方。自由診断で健康保険の適用なし。』

ピルは薬局で簡単に買えると思っている人が意外に多いのですが、ピルは「要処方せん薬」といって、医師の処方せんがなければ入手できません。

ピルを飲もうと決意したら、まずは婦人科のクリニックを訪れましょう。お目当てのクリニックが見つかったら、訪れる前に電話をかけて、ピルを扱っているかどうかを問い合わせます。ホームページなどで確認してもいいでしょう。それと併せて、診療時間や休診日、ピルの費用や初診にかかる費用、予約制かどうかなども確認すれば万全です。

ピルは自由診療のため、健康保険が適用されません。そのため、クリニックによって値段が違ってきます。平均すると1シートは2100円~4200円程度。それ以外に初診料や、場合によっては検査料などがかかります。

『医師の質問にははっきりと答えて、不安や疑問などはその場で解決を』

クリニックを訪れたら、診察の前に問診表に記入します。問診票には、生理周期や喫煙の有無、過去の病歴や飲んでいる薬などについての質問が並んでいるのが一般的です。問診票をもとに、医師による問診が始まります。排卵があるかどうか、妊娠していないかどうか、そのほか重い副作用を引き起こすような健康状態にないかどうかを、医師はピルを処方する前にしっかりと把握する必要があります。質問に対しては、できるだけはっきりと答えることが大切。ピルを飲みたい理由をきちんと説明し、あらかじめメモしておいたピルに関する不安や疑問などについても忘れずに質問しましょう。

問診が終わったら、必要に応じて、血圧検査や血液検査、尿検査などが行われることもあります。こうしたプロセスを経て、いよいよピルが処方されます。ピルはクリニック内や外部の処方せん薬局で受け取ります。

初めてピルを飲む場合、次回は1ヵ月後に受診します。その後は、特に問題がなければ3ヵ月に1回のペースで受診し、ピルを処方してもらいましょう。ピル服用を機に検査を受けることは、副作用の予防や性感染症、婦人科系の病気などの早期発見にもつながります。半年にI回、または1年に上回など、定期的に受けるようにしましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング