忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルは病院へ行けばすぐにもらえるの?

『ピルは婦人科クリニックで処方。自由診断で健康保険の適用なし。』

ピルは薬局で簡単に買えると思っている人が意外に多いのですが、ピルは「要処方せん薬」といって、医師の処方せんがなければ入手できません。

ピルを飲もうと決意したら、まずは婦人科のクリニックを訪れましょう。お目当てのクリニックが見つかったら、訪れる前に電話をかけて、ピルを扱っているかどうかを問い合わせます。ホームページなどで確認してもいいでしょう。それと併せて、診療時間や休診日、ピルの費用や初診にかかる費用、予約制かどうかなども確認すれば万全です。

ピルは自由診療のため、健康保険が適用されません。そのため、クリニックによって値段が違ってきます。平均すると1シートは2100円~4200円程度。それ以外に初診料や、場合によっては検査料などがかかります。

『医師の質問にははっきりと答えて、不安や疑問などはその場で解決を』

クリニックを訪れたら、診察の前に問診表に記入します。問診票には、生理周期や喫煙の有無、過去の病歴や飲んでいる薬などについての質問が並んでいるのが一般的です。問診票をもとに、医師による問診が始まります。排卵があるかどうか、妊娠していないかどうか、そのほか重い副作用を引き起こすような健康状態にないかどうかを、医師はピルを処方する前にしっかりと把握する必要があります。質問に対しては、できるだけはっきりと答えることが大切。ピルを飲みたい理由をきちんと説明し、あらかじめメモしておいたピルに関する不安や疑問などについても忘れずに質問しましょう。

問診が終わったら、必要に応じて、血圧検査や血液検査、尿検査などが行われることもあります。こうしたプロセスを経て、いよいよピルが処方されます。ピルはクリニック内や外部の処方せん薬局で受け取ります。

初めてピルを飲む場合、次回は1ヵ月後に受診します。その後は、特に問題がなければ3ヵ月に1回のペースで受診し、ピルを処方してもらいましょう。ピル服用を機に検査を受けることは、副作用の予防や性感染症、婦人科系の病気などの早期発見にもつながります。半年にI回、または1年に上回など、定期的に受けるようにしましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング