忍者ブログ

トリキュラー | 低用量避妊ピル通販

低用量避妊ピルであるトリキュラーの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルを飲んではいけない人

『日本のガイドラインの中にはWHOの禁忌に当てはまらないものも』

ピルは、女性なら誰でも飲めるというわけではありません。副作用があるということは、絶対に飲んではいけない場合(「禁忌」といいます)や、飲むにしても十分な注意が必要な場合があるということなのです。

とはいえ、やみくもに恐れる必要はありません。初診の際に「注意が必要な人」と診断されても、定期的に必要な検査を受けて、医師の指導のもとで正しく服用していれば、深刻な副作用が起きる危険はほぼないといっていいでしょう。

十分な注意が必要だとされているのは、40歳以上の人や喫煙者、家族に乳がんになった人がいる人、肥満度指数(BMI)が30以上の肥満の人、軽い高血圧の人、糖尿病や肝障害、心臓病や腎臓病の人、てんかんのある人などです。

日本のガイドラインの中には、WHO(世界保健機構)の禁忌に当てはまらないものもあります。たとえば、子宮筋腫がある人は、日本では「服用してはいけない」となっていますが、WHOでは「どのような場合でも使用可」のカテゴリーに入っています。実際のケースでも、ピルを服用することで子宮筋腫が縮小したというケースが多いのです。

軽度の高血圧の人や糖尿病の人、てんかんのある人なども、日本のガイドラインでは「慎重投与」ですが、WHOでは服用に問題はありません。

『ピル以外の薬を服用する場合は医師や薬剤師に相談すること』

また、ピルをほかの薬と一緒に飲むと、避妊効果が弱くなってしまう場合や、ピルの副作用を強めてしまう場合があります。反対に、ピルによってほかの薬の効果が弱くなったり、強く効きすぎたりしてしまうこともあります。

たとえば、風邪をひいて抗生物質を飲んだ場合は、ピルの効果を弱めることがわかっているし、胃潰瘍の薬を長期に渡って併用することで、ピルによるマイナートラブルが強く出てしまうこも。逆に、血糖値を下げる薬や血圧を下げる薬の中には、ピルとの相互作用で効果が弱まってしまうものあります。

いずれにしても、ピル以外の薬を飲む場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。


トリキュラー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR






















Copyright ©  -- トリキュラー | 低用量避妊ピル通販  --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング